基礎構造・防災分野 │ 琉球大学工学部環境建設工学科・建築コース/沖縄で建築学を学ぼう

基礎構造・防災分野

生活を守るために自然の力を知る

【研究概要】
 本研究室では、台風や地震などの自然災害について調べることにより、建築物が建っている間、どのような災害に遭遇し、どの程度の影響を受けるかを知るための研究や、地震時に起こる液状化への対策の研究をしています。そのために、強風災害の被害調査や、気象資料の整理、様々な実験装置を使った実験を行っています。実験装置には、建物の模型に風を送って、その影響等を調べる風洞や、地震時の砂地盤に起こる液状化について調べる三軸圧縮試験機、液状化対策工法の有効性を検討するための振動実験装置などがあります。

乱流境界層風洞による風洞実験

風洞床面に小さなブロックを設置することで乱流をつくり,自然の風と同じ条件で建築物等を対象とした実験ができます。

乱流境界層風洞による風洞実験1

乱流境界層風洞による風洞実験2

二枚柵防風ネットの開発

二枚柵防風ネットの遮風性能を風洞実験で確認しました.また構造耐力についても確認しました。

二枚柵防風ネットの開発

砂地盤の液状化に関する研究

緩く堆積した地下水位下の砂地盤は,地震時に粒子間の接触が切れてせん断変形に対する抵抗力を失い,液状化することがある.このような砂地盤の液状化現象および液状化後の流動現象に関する研究を行っている。

砂地盤の液状化に関する研究

砂質土からなる斜面の崩壊に関する研究

斜面が砂質系の地盤からなる場合,降雨時や地震時に地盤内の水圧が上昇すると,発生した水圧によって地盤内の有効応力が減少し,急激な破壊に至ることがある.この様な現象における残留状態の強度特性について研究を行っている。

砂質土からなる斜面の崩壊に関する研究

ボイリング現象に関する研究

ビルの建設工事などで砂地盤を掘削したとき,降雨等によって掘削底面下に上向きの浸透流が生じることがある.この浸透流による上向きの圧力が,土の重さよりも大きくなると,砂と水が沸騰したように噴きあがるボイリング現象が発生する.この発生条件に関する研究を行っている。

ボイリング現象に関する研究

研究室の卒業設計または卒業研究テーマ(平成21年度)

  • (1)ゴルフ練習場における防球ネットの耐風安全性に関する考察
  • (2)鉄骨ラーメンの保有体力に及ぼす鉛直荷重の影響 -ヒンジ追跡法による解析-
  • (3)視線がツキ抜ける家
  • (4)「共在感覚」 -愛しい距離-
  • (5)粘土の塑性度における水質の影響 -ベントナイト粘土-
  • (6)粘土の一軸圧縮強度における水質の影響 -カオリン粘土-
  • (7)粘土の一軸圧縮強度における水質の影響 -ベントナイト粘土-
  • (8)不飽和粘土の一軸圧縮強度における水質の影響