建築計画・設計分野 │ 琉球大学工学部環境建設工学科・建築コース/沖縄で建築学を学ぼう

建築計画・設計分野

建築の空間と文化を創造する

【研究概要】
  建築計画学は、住まいから都市や地域に及ぶ広範囲な人間空間の在り方を研究対象としています。社会や技術の変化に伴って建築空間への要求も変化します。そこでは文化、芸術、経済等、様々な分野と関りながら時代の要求に応える最適な解を建築という形にしなければなりません。
 研究室では、こうした建築の計画や設計に必要な様々なデザイン理論や表現方法の追求、そして歴史・意匠を含む幅広い視点から、沖縄をはじめアジアや熱帯各地の建築調査による住宅及び建築文化の地域特性の解明を研究対象とし、研究活動と共に建築家の育成を目指します。

建築設計製図の授業風景
建築設計製図

小倉暢之 研究室

首都ダッカの集合住宅調査
首都ダッカの集合住宅調査

ゼミ風景
ゼミ風景

入江徹 研究室

ラトビアの国際コンペ案
ラトビアの国際コンペ案

学生の卒業設計作品
学生の卒業設計作品

研究室の博士論文・修士論文・卒業論文

― 小倉研究室 ―
【博士論文】
 Md. Kamruzzaman
 PIECEMEAL HOUSING IN DHAKA CITY: Nature, Scale and Development Outlook
【修士論文】
 具志堅華絵:復帰前沖縄近代建築における建築家具志堅博の設計活動に関する研究 −コンクリート造建築の普及と設計手法を中心として−
【卒業論文】
 今村博樹:シカクノサンカク
 豊崎孟史:この都市ごと想い出になればいい
 仲宗根明裕:LAYERED FOREST
 新田愛美:波でつくるもう1つのGREEN ROOM
 Natsuki Hammoto:“THE SENSING HOUSE” –The reconstruction proposal of my house-


― 入江研究室 ―
【卒業設計】
(平成21年度)
(1)石川悠:「c.s-a」
(2)高原千都:「沖縄における日差し特性に関する実験的研究」
(3)仲里正周:「Compulsory Communication −半強制的に起こる伝達−」
(4)渡辺佳苗:「ぽけっと」