琉球大学 工学部 環境建設工学科 土木コース
Faculty of Engineering, University of Ryukyus, Department of Civil Engineering and Architecture
  ? 琉球大学公式ホームページ

? 環境建設工学科ホームページ


 教育プログラム  先輩からのメッセージ
* JABEE(日本技術者教育認定機構)への対応
 * 日本技術者教育認定機構JABEE(Japan Accreditation Board for Engineering Education /
   
設立19991119日)は、技術系学協会と密接に連携しながら、技術者教育プログラムの審査・
  認定を行う非政府団体のことで、大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラム
  が、社会の要求水準を満たしているかどうか外部機関が公平に評価し、要求水準を満たしている
  教育プログラムを認定する専門認定
(Professional Accreditation)制度です。
  
   琉球大学工学部環境建設工学科土木コースは、平成20年11月にJABEEを受審し、平成21年5月に
  認定を受け、国際的な教育水準を有する教育カリキュラムとなっています。なお、本教育プログラ
  ムを修了した者は、技術士第一次試験が免除されます。


 * JABEEホームページへ

    土木コースでは,「琉球大学の基本理念」,「社会の要請」,「学生の要望」を考慮して,
   独自の教育プログラムを設定し,下記のような人材の養成を目的としています。

 (1)自然環境と調和のとれた,ゆとりある社会システムを構築するために,社会基盤施設の計画・設計・建設・
   管理に必要な知識を習得した人材

 (2)人文科学・自然科学・社会科学を工学によって関連づけて理解し,実社会において物事を多面的
   (時間的・空間的・文化的,そして工学的)に捉え,積極的に問題を解決できる人材
 

 (3)亜熱帯島嶼という地域特性を活かした教育・研究により,人類と自然環境との共生や土木技術者の
   社会的責任(技術者倫理)を理解し,地域・国際社会へ積極的に貢献できる人材
 

 * (A) 多面的理解
       物事を多面的に考えられるための人文・社会科学の素養

 * (B) 技術者倫理
       亜熱帯島嶼地域の自然・社会環境を理解するとともに、土木技術の実社会に対する影響や
    効果を理解し、技術者としての社会的責任(技術者倫理)を考える素養
 

 * (C) 基礎能力
       実社会で直面する様々な問題に対応するため、土木工学の基礎となる数学および自然科学に
    関する知識とその応用能力
 

 * (D) 専門技術
       土木工学の主要専門分野である構造工学、土木材料学、地盤工学、水工水理学、土木計画学の
    基礎および応用能力と自己継続学習能力
 

 * (E) デザイン能力
       社会の要求を解決するために、土木工学の専門技術や情報処理技術を利用し、個人・チームで
    デザインする能力
 

 * (F) 表現力
       日本語によって物事を理論的に記述し、プレゼンテーションを行う能力 

 * (G) 外国語能力
       国際的に活躍するために、英語およびその他の外国語の基礎、コミュニケーションおよび
    情報獲得能力
 

 * (H) 問題解決能力
       与えられた制約の下で、自ら課題を発見し、課題を解決するための研究を計画的に遂行し、
    その結果をまとめ、チームで仕事をするための能力
 
Copyright (c) 2010, Department of civil Engineering and Architecture, University of the Ryukyus. All rights reserved.